家購入シュミレーション

私は結婚して三年目のときにそろそろ子供を作りたいと思い、夫婦で相談したところ広い家に引っ越そうという結論に至り新築の家を建てることにしました。

 

まずは住宅展示場で色々なハウスメーカーの家を見学しました。

 

ハウスメーカーにより特色が様々でとても勉強になりました。

 

そして一戸建て土地探しです。

 

希望の土地は海が近い場所だったので地震による津波による心配を考え海抜は高い場所を選びました。

 

また主人は新幹線で遠方まで通っていたので新幹線が止まる駅の駅近の場所が良かったので、この条件に合う土地を探したところ予算以上でしたが2300万円の土地を買いました。

 

土地にだいぶお金がかかってしまったので建物は大手のメーカーでは無理だと考えマッケンジーハウスという小さいハウスメーカーにお願いしできるだけお金をかけないようにしました。

 

購入した土地の坪数は40坪程のだったのですが、建物は坪により費用がかかるのでできるだけ最小限にすることを担当者に伝え家作りがスタートしました。

 

すると、担当者が作り上げた外観や間取りは私達の希望とは丸っきり異なりとても広々とした間取りで家の外観はかなり高価なタイプの物でした。

 

確かに現代的で格好よくこんな家に住みたいとは思いますが、これでは予算をはるかに越えています。

 

何度か手直しをお願いしてもあまりしっくりいくデザインが出来上がらず、仕方ないので自分達でパソコンを駆使して作り上げました。

 

坪は30坪に纏まり自分達の希望を反映できました。建物の予算は2000万円でしたが2100万円で100万円オーバーはしましたが、どうにかなる範囲です。

 

私達の購入した家は高台で窓から海が見えるのでリビングの窓は広くとり、風も気持ち良さそうなので天井は勾配天井にしてファンを付けました。

 

これはハウスメーカーにお願いして無料で付けて貰いました。

 

結果、とても快適な家を建てることが出来ました。

 

ハウスメーカーはプロなのでプロにお願いすれば希望通りの家を建ててくれると思っていましたが、自分達の希望がうまく伝わらないこともあるので自分達で出来ることをしっかりとすることで希望通りの家作りが出来るのだと思いました。

防音室付き注文住宅を建てました。

坪数は50坪程度、建物価格は3800万円、土地価格は正確なものはわかりませんが、親族より買取ったため1000万円以下でした。

 

(親族からあまりに安く買うと贈与税がかかります)

 

配偶者の祖母が亡くなり、もうすぐ70代になる叔母も当時築50〜60年の祖母宅の管理が大変ということになりました。

 

更地にすると税金が多くかかるということなので売りに出そうかという話もあったのですが、先祖代々の土地でもあるので、ちょうど新婚であった自分達夫婦が家を建て資産を守る形をとりました。

 

ハウスメーカーは最終的に「住友不動産」になりました。

 

他2社と比較検討していましたが、住友不動産が一番早く(かつ柔軟に)図面に取り掛かってくれたのと、営業担当の方の傾聴の姿勢が自分達にとって心地よく、お付き合いをきめさせていただきました。

 

注文住宅失敗は許されません。

 

夫婦両名とも音楽家ですので防音室の設置がマストでした。

 

住友不動産で防音室を作る際、ダイキンと提携しているということでしたのでモデルルームを拝見しに行ったのですが、そこの担当者のあまりに「上から物を言う」姿勢に呆れ返り、また費用に対して品質やデザインも納得のいくものではありませんでした。

 

知り合いの業者(スタジオなどを制作する会社)に連絡を取り、急遽防音室だけその業者に頼むことになりました。

 

運良く住友不動産との取引経験があり、対応していただくことができました。結果的に予算も抑えられて満足のいく仕上がりになりました。

 

価格は想定より高くなってしまいました。

 

エクステリアは予算を大幅にオーバーしており(縁石等の道路工事が必要なため)ハウスメーカーに頼むと諸手続き費かかさむため、家が建った後違う業者に頼みました。

 

住友不動産はマンションの建設等も手掛けているため、高級マンションの設備等が標準装備で入っていたりとなかなか満足です。

 

キャンペーン期間内で購入しましたので、セラミックキッチンも標準価格でつけてもらいました。

 

注文住宅のメリットは、自分達の生活スタイルに合った家を建てられる点だと思います。労力はかかりましたが、見合う価値はあると思います。

ページの先頭へ戻る